Google Chrom OS

Google Chrom OS  Demo 
2010年 コンシューマー向けには 後半にリリースされる予定のGoogleのOSで、MicrosoftのWindows7が、高速といっても30秒程度起動にかかるのにChromは、7秒程度で起動するらしい。ソフトウェアをCloudにしているためHDDではなくSSDになるだろう。なんといってもソースコードが公開されるのでマイクロソフトは、どのように対応するのだろうか?
ただCloudなので高速通信回線に繋がっていることが前提になるためWiMAXなどのインフラが整わないとOSだけではただの箱になってしまいかねない。

Google Chrom OS

Google Chrom OS  Demo 
2010年 コンシューマー向けには 後半にリリースされる予定のGoogleのOSで、MicrosoftのWindows7が、高速といっても30秒程度起動にかかるのにChromは、7秒程度で起動するらしい。ソフトウェアをCloudにしているためHDDではなくSSDになるだろう。なんといってもソースコードが公開されるのでマイクロソフトは、どのように対応するのだろうか?
ただCloudなので高速通信回線に繋がっていることが前提になるためWiMAXなどのインフラが整わないとOSだけではただの箱になってしまいかねない。

Let’sNOTE CF-T2 HDD換装

中古で購入して使われていたPanasonic のLet’s note CF-T2 のHDDが止まるという状態(傾けたら動き出す)で入院してきた。必要なデーターはバックアップ済みということだったので、サクッとHDDを換装することにした。
キーボードをはずすまず、裏面のネジを全部はずして両サイドのキャップをはずしてキーボードを液晶側から持ち上げてはずします。このサイト参考にしました。PC分解web 分解はネジが多いのが難点ですが元々CF-T2は、比較的分解しやすい機種との事で(CD-ROMが内蔵されていない)難なく換装まで完了してOSをインストール・・・ところが思わぬ事態が起こりました。
Windows XP SP2 CD-ROM の ‘asms’ ファイルが必要です。 ファイルがどこにあるかを入力し、OK を押してください。
コピー元 : GLOBALROOT\DEVICE\CDROM0\I386
こんなメッセージがでてインストール中断。マイクロソフトのサイトの解説を読んでもなんの解決にもならなかった。どうやらUSB接続でCD-ROMつないでインストールしているので再起動した際に見失うようだ。何度が同じ事を繰り返して再起動した際にCDを抜いてみた。するとちゃんとD:\I386を指定してきた。(わかってるじゃん)
HDDを2つにパーテーション切ってるので本来はE:\I386なんですが、CドライブだけNTFSでFORMATしていてDドライブをFORMATしていなかったのも影響したようです。このタイミングでCD入れなおして無事インストール完了。PanasonicのサイトからドライバーをダウンロードしてきてUSBメモリー経由で・・・ここでまた問題が発生・・・

P1010017.JPGHDDが止まって電源が落ちる・・・あれ?・・・よくよく確認したらこの機種は3.3Vで純正HDDを駆動しているのでPanasonicのサイトから純正品を購入する以外で市販のHDDを購入した場合は41番ピンを折る必要がある。IDEケーブルで穴のない場所があるのでそのピンが41番だと思い込んでいた。これが間違いだった。そのピンは44番ピンだったのでそれとは別に41番ピンも折らないといけない。再度分解して41番ピンを折って無事完了http://bit.ly/6vlhBC ここのお世話になりました。

この写真・・・44番だけ折ってるんですね。

 

P1010016.JPGHDDは純正の東芝製からWD(ウエスタンデジタル)に変わりました。梅田で会社帰りに探したら9.5mmのIDEで、WD在庫があったのが80GBしかなかった。まあ今40GBなので使用者に携帯で了解もらってこれにしました。5280円だったかな?相性保障付けますか?って聞かれましたがピン折るので無理でしょ・・・

まあ無事完了してWindowsUPデートして快適に使えています。

Let’sNOTE CF-T2 HDD換装

中古で購入して使われていたPanasonic のLet’s note CF-T2 のHDDが止まるという状態(傾けたら動き出す)で入院してきた。必要なデーターはバックアップ済みということだったので、サクッとHDDを換装することにした。
キーボードをはずすまず、裏面のネジを全部はずして両サイドのキャップをはずしてキーボードを液晶側から持ち上げてはずします。このサイト参考にしました。PC分解web 分解はネジが多いのが難点ですが元々CF-T2は、比較的分解しやすい機種との事で(CD-ROMが内蔵されていない)難なく換装まで完了してOSをインストール・・・ところが思わぬ事態が起こりました。
Windows XP SP2 CD-ROM の ‘asms’ ファイルが必要です。 ファイルがどこにあるかを入力し、OK を押してください。
コピー元 : GLOBALROOT\DEVICE\CDROM0\I386
こんなメッセージがでてインストール中断。マイクロソフトのサイトの解説を読んでもなんの解決にもならなかった。どうやらUSB接続でCD-ROMつないでインストールしているので再起動した際に見失うようだ。何度が同じ事を繰り返して再起動した際にCDを抜いてみた。するとちゃんとD:\I386を指定してきた。(わかってるじゃん)
HDDを2つにパーテーション切ってるので本来はE:\I386なんですが、CドライブだけNTFSでFORMATしていてDドライブをFORMATしていなかったのも影響したようです。このタイミングでCD入れなおして無事インストール完了。PanasonicのサイトからドライバーをダウンロードしてきてUSBメモリー経由で・・・ここでまた問題が発生・・・

P1010017.JPGHDDが止まって電源が落ちる・・・あれ?・・・よくよく確認したらこの機種は3.3Vで純正HDDを駆動しているのでPanasonicのサイトから純正品を購入する以外で市販のHDDを購入した場合は41番ピンを折る必要がある。IDEケーブルで穴のない場所があるのでそのピンが41番だと思い込んでいた。これが間違いだった。そのピンは44番ピンだったのでそれとは別に41番ピンも折らないといけない。再度分解して41番ピンを折って無事完了http://bit.ly/6vlhBC ここのお世話になりました。

この写真・・・44番だけ折ってるんですね。

 

P1010016.JPGHDDは純正の東芝製からWD(ウエスタンデジタル)に変わりました。梅田で会社帰りに探したら9.5mmのIDEで、WD在庫があったのが80GBしかなかった。まあ今40GBなので使用者に携帯で了解もらってこれにしました。5280円だったかな?相性保障付けますか?って聞かれましたがピン折るので無理でしょ・・・

まあ無事完了してWindowsUPデートして快適に使えています。