羽田美加



映画「ハッピーフライト」にディスパッチャー役出ていた「肘井美佳」さんググッたら同じ事務所「羽田実加」さんが出てきた。「電波少年」の「鉄棒少女」だ!
Youtubeにはこんな動画があった。もう涙がでてくる・・・あまりの音痴?なのに必死でがんばってる。


三菱自動車のコルトのCMに似た女の子がと思ってましたら
本人だった。

M1グランプリ

決勝進出の顔ぶれをみて今年こそキングコングかなと思ったが、真面目にネタを詰めすぎた感があった。ダブルボケに限界を感じたのか、笑い飯が変化してきたが、逆にオードリーやノンスタイルに敵わなかった。あの癖のある審査員に正攻法は通じまい。あの審査員には誰一人としていわゆる正統派のしゃべくり漫才はいない。

続きを読む M1グランプリ

Blog編集・投稿ソフト xfyBlogEditer

index_01.jpgBlog編集・投稿ソフト xfyBlogEditer

一太郎のジャストシステムのホームページをみていたらこんなソフトがありました。市販ソフトですが、非営利・個人使用であれば機能限定のフリー版がダウンロードできます。限定される機能は以下の通り。
・複数サービスの複数ブログをまとめて管理できる。(これが3つまで)
・xfy Blog Editor内に保存している記事を、ブログの垣根を越えて検索できる。(この機能は無し)

ソーラー電波腕時計(2)

casio_Wc_Elgin.jpg

携帯のカメラのレンズが汚れていたのでピントが甘いですが、電波時計なのに2つの時計の秒針がずれている。エルジンが約3秒進む。電波時計は常時電波を受信しているわけではなく機種によるのでしょうが大体深夜に1回時計を合わせに行く。そのタイミングで電波を受信できなかった場合(何回かリトライする機種もあるけど)次の受信のタイミングまでは、ただのクオーツ時計になる。これが高級クオーツであれば3秒もずれないけどもともと電波であわせる予定の時計だからこのクオーツのモジュールには、予算をかけていないみたいで誤差が出てくる。自宅のマンションではカシオウェーブセプターはちゃんと受信できるがエルジンは受信できない。そのため会社で西側(西日本なので九州の方角)の窓において手動で強制受信させればぴったり合う。エルジンブランドとはいえ中国製でモジュール日本製というどこがエルジン?という時計はこのあたりが限界なのかな。我が家で一番正確なのはauの携帯電話の時計表示。

韓国料理店でランチしてきました。

SA390007.JPG
韓国料理店でランチしてきました。「OKKII」豊中店ランチメニューの「鶏こくスントゥブ(国産もも肉・骨付手羽元)」
骨付き国産鶏を使用したコラーゲンたっぷりな1品!\1,380なんかマーボー豆腐スープみたいな・・・・
見た目よりボリュームがあって「普通の辛さ」を選びましたが
日本人向けの普通でした。おいしかった。

【映画】「ハッピーフライト」

boeingMainImg.jpg

矢口監督の「ハッピーフライト」を観てきました。結論から先に言うといい意味で予想を裏切られました。おもしろかった。
写真は映画で使われたタイプのボーイング747-400です。映画の撮影は飛行機のセットやモックを使わずANAの全面協力で実機をつかったそうです

anahappy.jpg期待してなかった理由は、「綾瀬はるか」ありきの映画だと思ってたからで、観にいった理由も「綾瀬はるか」と「吹石一恵」と「ANA」が好きだったから。だからストーリーにはなんの期待もしていなかった。JALの「スチュワーデス物語」のANA版位の認識でした。ところがよくできた作品で、機長昇進テストを受ける「田辺誠一さん演じる」副操縦士が、テスト当日のホノルル行きのフライトでトラブルに遭遇し必死の操縦で羽田に引き返して緊急着陸までのCAや地上でサポートしている職員や乗客の物語といえばそれで終わりなんですが、それぞれのANAの職員が安全なフライトのためにどれだけ力を尽くすかというところがうまく描かれていてある意味「ハリウッド映画」みたい。おりしも首都圏を台風が直撃しているさなか落雷で停電になりコンピューターが満足に機能していない状態でコンピューターを使えない定年前のアナログ窓際族のオペレーションディレクター「岸辺一徳」が大活躍する。「岸辺一徳」の演じるオペレーションディレクター「高橋昌治」の部下のディスパッチャー「中島しおり」役の女優さんかかわいい・・・しらべたら「肘井美佳」さんというスターダストの女優さん。 blogはこちら。

 

ソーラー電波腕時計

elgin_rc.JPG お気に入りのカシオのウェーブセプター(ソーラー&電波)が、充電不能になって2年。すっかりあきらめてWeb通販でエルジンを購入。懲りずにこちらもソーラー&電波。ELGINといえば米国鉄道会社や第一次大戦で、米国陸海空軍に採用された由緒正しい米国製のはずだったが、これはアッセンブル:中国、ムーブ:日本製というELGIN。文字盤は蓄光式で結構便利。購入価格8000円だけど定価は30000円超えているようだ。
casio_wc.JPG ところが、2年放置していたのにヨドバシの店員の一言(カシオなら無料で二次電池を交換してくれる場合があるので修理にだしてみては?」・・・で、ヨドバシマルチメディア梅田で、修理にだしてみた。なんと「無料」・・・カシオ偉い。無料で、2次電池の交換だった。無料で交換してくれたところをみるとカシオもシマッタとおもった電池だったのか?さて、時計が2つになってしまった。(他にもあるけど)

since1997