「Novel」カテゴリーアーカイブ

松岡圭祐 千里眼 キネシクス・アイ 読破

キネシクス・アイとは、「千里眼」=「岬美由紀」の事だとおもっていたが、そう安易なネーミングでないことが読み進んでわかった。本書の読み方は、まずDVDを見てから読むように指示されている。例によって、過去の千里眼シリーズをまったく読むことなくキネシクス・アイをよんでも大丈夫なつくりだと解説には書いてあるがあえて否定したい。できれば先に読みたいのは、次の作品
クラシックシリーズ 
1)千里眼完全版 2)ヘーメラーの千里眼 
その他のシリーズ
3)蒼い瞳とニュアージュ完全版 4)蒼い瞳とニュアージュII 千里眼の記憶 
新シリーズ
5)千里眼The Start 6)千里眼シンガポール・フライヤー 7)千里眼優しい悪魔

解説に書いてるように本書はクラシックシリーズと新シリーズを兼ね備えた作品といえ、夏に出版されるクラシックシリーズの11(ブラッドタイプ)・12(背徳のシンデレラ)をもってクラシックシリーズ完全版は終了するはずなのであとは、クラシックだキネシクス・アイは、今まで空白だった小学生の岬美由紀が登場する。あとは中学生が空白。防衛大学を志望するまでは、確か成績の悪い生徒のはずなのにキネシクス・アイにでてくる岬美由紀は、頭脳明晰で、成績は、異常なほど優秀。何故か、当時より動体視力が優秀だ。まあ、そうでないとエピソードがつまらないので良しかな?

松岡圭祐 千里眼 キネシクス・アイ 奥田恵梨華


kinesicweye001.jpg

千里眼 キネシクス・アイを、3/26にやっと入手できた。25日の発売日から書店をまわったが店頭になく、26日に紀伊国屋(大阪梅田本店)で、カウンターの店員にたずねたところ大阪では26日の入荷だったそうで、カウンターで取置していますとのこと。書棚に並んでいない。早速購入したが、著者、松岡圭祐氏のサイン入りだった。ちょっとうれしい。シリーズ10周年記念企画で、フェア実施店だけの限定発売

まず、驚いたのが本の大きさ。そういえば紀伊国屋の店頭で、検索したときにB5と書いてあったが、まさに辞書状態。厚みだけでも3倍近くあるが、ページ数では、367ページ(千里眼とニュアージュ完全版(下)に対して、518ページで、2倍も無い。紙が違うようだ。文字も大きく単純に外観だけでは判断できない。 税込み2520円

kinesicweye002.jpg

kinesicweye003.jpg

kinesicweye004.jpg 左が、著者の松岡圭祐氏の直筆サイン。裏に岬美由紀を演じた奥田恵梨華さんのサインが、もしかして?と期待したが無かった。今回の目玉は、DVDが付属していることで、そこで、岬美由紀を演じているのが、奥田恵梨華さん。どうも映画で岬美由紀を演じた水野美紀さんのイメージが強くて、オーディションで審査員が全員一致で岬美由紀に選んだという奥田恵梨華さんってどう?状態だったけどキネシクス・アイ動画をみたらあっさりなじんでしまった。はい!間違いなく岬美由紀です。

奥田恵梨華さんは、自身のBlogで、スーパーアイドル岬美由紀を演じるには、私の声が低くってと書いていましたが全然大丈夫です。水野美紀さんとはまた違った感じで仕上がっています。演技は予想以上に上手かったです。難点は、やはり予算なんでしょうか?冒頭の戦闘シーンでノンクオリアのミサイル攻撃で全滅する戦車部隊の戦車が止まってるのが不自然。ステルス戦闘機がフラフラしていて円谷プロならもう少し上手く撮ったかな?。友里佐和子は、いただけませんでした。田島令子さんは、松岡氏の希望だったということだけど黒木瞳さんの笑顔の友里佐和子とくらべて表情が変わらないのが不満でした。鬼芭阿諛子(峰えりか)の台詞が、「母」一言だったけど続編の含みがあったので期待しています。

千里眼 キネシクス・アイ

 松岡圭祐の千里眼シリーズ10周年記念「千里眼 キネシクス・アイ」がついにリリースされる。今回は文庫本と共にDVDがおまけに付いてくる。
なんと原作者みずからが監督・脚本をつとめた、本邦初公開の映画版DVDと、書き下ろし小説最新作がセットになっていて、しかも価格は単行本一冊程度
と、篠田葉城氏のコメントがあるのだが、価格は、税別2,400円これは、DVDに文庫本がおまけについてくるという方が理解できる価格。

 

岬美由紀 (奥田恵梨果) 千里眼 キネシクス・アイ動画

千里眼とニュアージュ完全版(上)(下)

千里眼とニュアージュ完全版(上)千里眼とニュアージュ完全版(下)松岡圭祐千里眼クラシックシリーズ10

千里眼とニュアージュ完全版(上)(下)

美由紀、一ノ瀬恵梨香、ダビデ、三人の運命が交錯する!
“48”番目の都道府県、萩原。そこは巨大IT企業が作りあげた最高の福祉都市だが、住民は悪夢にうなされていた。最先端都市に潜む利権と陰謀の渦! 美由紀と一ノ瀬恵梨香、運命の出会いを描くシリーズ第10弾!

千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 松岡圭祐(上)(下)読破

千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(上)千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(下) 明け方読破しました。
クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 (角川文庫版)
前作のヘーメラーの千里眼と同じく本編のストーリーの中で回想として防衛大学~自衛隊時代の岬美由紀の様子がつづられている。トランス・オブ・ウォーは、イラク戦争なのだが終盤に「ディフェンダー」の最初の被害者に岬美由紀は命を救われる。この「ディフェンダー」は、前々作(クラシックシリーズ7)千里眼の死角でのストーリーだが、背徳のシンデレラでも出てくる。背徳のシンデレラは、現時点では、小学館版しかでていないが、クラシックシリーズ12として角川版の完全版が、5月にでるようだ。ところがクラシックシリーズ11「千里眼ブラッドタイプ」が、6月以降って???順序が逆転。さて、千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 に話を戻すとあらすじは方々のサイトで書かれているのでバサっと割愛するが、今回のストーリーは、松岡圭祐の無理やりのストーリー展開で、よくこれをまとめたな・・・って印象。ジェニファーレインが、初登場するが、角川版の読者は完全版をあとから読んでいるのでもうわけがわからなくなってくる。

千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版

千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(上)千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(下)

クラシックシリーズ9である。「ヘーメラー」か、「トランス。・オブ・ウォー」が、映像化されたのかと思ったが、どちらも違った。よく考えれば、クラシックシリーズの完全版なので、その筈が無い。(千里眼のWebサイトで、映像化は、新たに書き下ろしたとある。)
イラクで日本人が人質にされた!人質のPTSDを考慮した政府は岬美由紀を現地に派遣するが、武装勢力に囚われてしまう。終わらない武力衝突の渦中で、美由紀は人を戦いの狂気に追いやる「トランス・オブ・ウォー」を解こうとするが、極悪のオムカッスル刑務所に送られてしまう。岬美由紀、最大の危機!圧倒的なスケールと緻密な描写で描かれる戦争と人間。千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(上)帯
千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(下)帯

ヘーメラーの千里眼 完全版(下)読破

200711000380.jpg上巻の数倍のスピードで、読破した。とは、言っても2日かかってるのでクラシックシリーズにしても決して速いペースではない。上巻を読み終わった段階で、予想したストーリーで、展開した。そういう意味では、期待通りだが、少し物足りない。松岡圭祐の周到な伏線を理解した今、展開が読め過ぎる。

ヘーメラーの千里眼(上)読破

クラシックシリーズ8ヘーメラーの千里眼完全版(上) 角川文庫

senrigan_c8_1.jpg通常なら1日で読んでしまう千里眼シリーズを一週間かけてようやく読破。続いて下巻に。作者:松岡圭祐の無駄の無い伏線の張り方で上巻の途中からストーリーが見えてきた。本を読みながらいまだに私の岬美由紀のイメージは水野美紀のまま。早く奥田恵梨華版の映像を見たい。

ヘーメラーの千里眼完全版 奥田恵梨華 松岡圭祐

P1000690.jpg松岡圭祐の最新作 ヘーメラーの千里眼完全版(上・下)が、もう出ていました。
AMAZONで、購入。本日到着しました。まだ読んでいない。とうとう岬美由紀は、.奥田恵梨華さんになってしまった。
オクダエリカ大作戦☆2009

航空自衛隊の演習中に発生した重大な過失事故。それを起こしたのは優秀な戦闘機パイロット伊吹直哉だった。麻薬密輪船の領海侵犯に悩まされていた防衛省は、自衛隊への信頼が揺らぐ中、伊吹の精神鑑定のためかつての恋人でもある臨床心理士・岬美由紀を航空自衛隊基地に呼び戻す。事故の真相に迫る美由紀の前に立ち塞がる巨大企業アルタミラ精神衛生の陰謀とは?防衛大学校時代の青春を鮮やかに描き切るシリーズ最高傑作。