Yahoo! Mail、Hotmailに続き、GmailもCAPTCHA破りでスパム

Captchaプロバイダ設定を先日有効にしたばっかりなのに、この対策はすでに意味がなくなったらしい。

ITmediaによると「GmailでもCAPTCHA破り? 悪用のスパムが倍増」 既にYahoo!やMicrosoftのCaptchaプロバイダが突破されており、
なんだかなあ・・・まあ、スパムコメント対策なのでCapcha有効のまま、管理者が確認しないとコメントが承認されない状態にするかな。

続きを読む Yahoo! Mail、Hotmailに続き、GmailもCAPTCHA破りでスパム

千里眼 キネシクス・アイ

 松岡圭祐の千里眼シリーズ10周年記念「千里眼 キネシクス・アイ」がついにリリースされる。今回は文庫本と共にDVDがおまけに付いてくる。
なんと原作者みずからが監督・脚本をつとめた、本邦初公開の映画版DVDと、書き下ろし小説最新作がセットになっていて、しかも価格は単行本一冊程度
と、篠田葉城氏のコメントがあるのだが、価格は、税別2,400円これは、DVDに文庫本がおまけについてくるという方が理解できる価格。

 

岬美由紀 (奥田恵梨果) 千里眼 キネシクス・アイ動画

千里眼とニュアージュ完全版(上)(下) 読了

senrigan_nyuajyu_.jpgやっと読み終わりました。例によって用意周到に張り巡らされた「伏線」がクライマックスにきて一気につながっていく。だから脈絡の無い伏線部分を紹介している上巻よりそれを生かして流れがわかってくる下巻の方が読みやすい。解説で、澤田伊坐氏が、全作品のなかで最高傑作であると断言されているが、私はそうは思わない。といっても決して駄作というわけれはないが、所詮は、クラシックシリーズ完全版。次作、クラシックシリーズ11「千里眼ブラッドタイプ完全版」そしていよいよ12で、あの「背徳のシンデレラ完全版」になる。小学館版の最終が、釈由美子が表紙を飾った「背徳のシンデレラ」なので、ここまできたらやっと完全版が終了するはず。そこからの作品が楽しみである。私は、小学館版で、「背徳のシンデレラ」を読んでいるが、かなり設定が違うようなのでまた読まないといけない。

さて、この「千里眼とニュアージュ完全版」は、2007年9月の「蒼い瞳とニュアージュII千里眼の記憶」の最後で、一ノ瀬恵梨果が、岬美由紀から譲り受けた神奈川の自宅を処分し、埼玉と栃木にまたがる49番目の県「萩原県」に移住する。萩原県は、IT企業のジンバテックが無償で提供する。このジンバテックがシリーズで最初に出るのが、やはり2007年9月のクラシックシリーズ1「千里眼 完全版」であるから1年半かけて伏線を張っているわけだ。岬美由紀と一ノ瀬恵梨果のダブルヒロインにダビデとジェニファーレインまでそろい踏みしているのであるが肝心のストーリー展開は、かなり無理やりになっている。まあ娯楽小説だから別にいいけど。岬美由紀が7回もオービスに撮影されて免許停止で終わっていること。取り消しでしょそんだけやったら。と思ってしらべたら200kmでの走行なので速度80kmをはるかに超えて減点12点×7回=84点。さすがに取り消しでしょ。BMWで、200km超でオービスで撮影できるの?とおもったけど、いまのオービスでは問題ないようだ。それよりも埼玉から栃木まで東北自動車道にオービスが7つもあるかい?。調べたら上り3つ下り2つだ。他にもあるけどネタバレにつながるので書かない。

WEP/WPAキー確認ツール「WirelessKeyView」

WEP/WPAキー確認ツール「WirelessKeyView」

WEP/WPAキー確認ツール「WirelessKeyView」
ネットワーク管理者用のツールで、確かにその立場であれば便利なソフトである。WEPのキーは、16進数で直接設定されていればいいが、ASCII文字列で入力されていれば、それを16進に変換する仕組みがメーカー毎に違うためASCII文字列を記録されていてもどうにもならないケースが出てくる。アクセスポイントのパスワードすらわからなければもう初期化するしかない。「WirelessKeyView」を使えば便利この上ない。USBフラッシュメモリーに入れても使えるので、PCを設定するときにキーを直接アクセスポイントから取得してコピー&ペーストができる。ということは、悪用されれば社外からネットワークに入られる恐れがある。以前より64ビットの暗号は、解読されており128でも時間さえかければ解読されるといわれていたが、16進で設定した128ビットのキーがいとも簡単に表示されてしまうのは困り者。IPAでは、既にWEやWPAは、一般家庭でも危険であるというこで勧めていない。「WPA2-PSK(AES)」を勧めている。ところが、一番こまるのが任天堂DSが、WEPにしか対応していないこと。SONYのPSPは、ファームウェアの更新でWPA2-PSK(AES)に対応した。すばらしい。 (WPA-PSKに対応みたいです。)

PHP5のインストール

phpのインストール
phpをインストールしているつもりだった。確かにインストールはされていたのだが設定が必要だった。ググって設定したがなぜかエラーが出る。よく調べると解説されているサイトが間違っていた。

phpは、現在最新版が5.29  以前のVerからはセキュリティが大幅に改善されている。
1)php5の入手 http://www.php.net/
 ヘッダーにあるdownloadsからPHP 5.2.9 zip package 入手する。
2)ローカルで解凍してC:\にphpというフォルダを作ってそこに設置
3)php.ini-distをphp.iniにリネームしてから以下の箇所を編集する。
;cgi.force_redirect = 1 を cgi.force_redirect = 0 に変更する。(;を必ずはずす)
extension=php_mbstring.dllも同様にセミコロン;をはずす。
extension_dir = “./” を extension_dir = “C:\php\ext” に変更
上書き保存してC:\WINDOWS (Windows2000の場合はC:\WINNT )にphp.iniを移動する。
copyではなくmove(移動)すること。
同様に、phpフォルダ内にあるphp5ts.dllをC:\WINDOWS\system32フォルダにコピーします。
Windows ServerでANHTTPD や 04Webserver を使う場合の設定で、
C:\php\php.exe %FilePath% %Query%  とするように紹介されているサイトが多いがこれはphp4の場合で
php5からは C:\php\php-cgi.exe %FilePath% %Query%
 と記述すること。
ココに気が付かなくてはまってしまった。(^^;)
コマンドラインから
C:\php>php -v
PHP 5.2.9 (cli) (built: Feb 25 2009 15:52:24)
Copyright (c) 1997-2009 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2009 Zend Technologies
ここでエラーが出ていなければとりあえずOK