千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 松岡圭祐(上)(下)読破

千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(上)千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(下) 明け方読破しました。
クラシックシリーズ9 千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 (角川文庫版)
前作のヘーメラーの千里眼と同じく本編のストーリーの中で回想として防衛大学~自衛隊時代の岬美由紀の様子がつづられている。トランス・オブ・ウォーは、イラク戦争なのだが終盤に「ディフェンダー」の最初の被害者に岬美由紀は命を救われる。この「ディフェンダー」は、前々作(クラシックシリーズ7)千里眼の死角でのストーリーだが、背徳のシンデレラでも出てくる。背徳のシンデレラは、現時点では、小学館版しかでていないが、クラシックシリーズ12として角川版の完全版が、5月にでるようだ。ところがクラシックシリーズ11「千里眼ブラッドタイプ」が、6月以降って???順序が逆転。さて、千里眼 トランス・オブ・ウォー 完全版 に話を戻すとあらすじは方々のサイトで書かれているのでバサっと割愛するが、今回のストーリーは、松岡圭祐の無理やりのストーリー展開で、よくこれをまとめたな・・・って印象。ジェニファーレインが、初登場するが、角川版の読者は完全版をあとから読んでいるのでもうわけがわからなくなってくる。

千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版

千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(上)千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(下)

クラシックシリーズ9である。「ヘーメラー」か、「トランス。・オブ・ウォー」が、映像化されたのかと思ったが、どちらも違った。よく考えれば、クラシックシリーズの完全版なので、その筈が無い。(千里眼のWebサイトで、映像化は、新たに書き下ろしたとある。)
イラクで日本人が人質にされた!人質のPTSDを考慮した政府は岬美由紀を現地に派遣するが、武装勢力に囚われてしまう。終わらない武力衝突の渦中で、美由紀は人を戦いの狂気に追いやる「トランス・オブ・ウォー」を解こうとするが、極悪のオムカッスル刑務所に送られてしまう。岬美由紀、最大の危機!圧倒的なスケールと緻密な描写で描かれる戦争と人間。千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(上)帯
千里眼トランス・オブ・ウォー 完全版(下)帯

ヘーメラーの千里眼 完全版(下)読破

200711000380.jpg上巻の数倍のスピードで、読破した。とは、言っても2日かかってるのでクラシックシリーズにしても決して速いペースではない。上巻を読み終わった段階で、予想したストーリーで、展開した。そういう意味では、期待通りだが、少し物足りない。松岡圭祐の周到な伏線を理解した今、展開が読め過ぎる。

「Eye-Fi」無線LAN内蔵のSD型メモリカード

package.jpg無線LAN内蔵のSDメモリーカード「Eye-Fi Share」2GBのメモリー付きで初回セットアップをPCで済ませれば、普通のデジカメが無線LAN対応になる。
http://www.eyefi.co.jp/ 初回限定パッケージが9980円 カードの差し替えに時に紛失とかの恐れがなくなる。


PC-Watchのスタパ齋藤さんの紹介動画のページ
BBWatchの紹介記事

バイオガソリンと軽油の価格のなぞ

gas090207.jpg一旦下がったガソリン代がまた上がってきた。コスモ・ザ・カード特別価格でレギュラーリッターあたり100円。ところが、軽油が94円って何?6円しか違わないの。税率が優遇されている軽油と6円差というのはどういうことだろう?ガソリンの場合はリッターあたり原油の価格に関係なく53.8円課税されている(昨年問題になった暫定税率を含めてだ)軽油の場合は、軽油引取税の本則では15円なんだが、やっぱりこっちにも暫定税率がかかっており、32.1円になる。灯油は、消費税だけなので、計算上は60.3円(税込み)になるはず。計算上、ガソリンは税抜きリッター41.4円で軽油は57.4円・・・逆転している。これでは軽油を燃料にするディーゼル車が売れないわけだ。コスモ石油の場合は、バイオ燃料と称して穀物系のアルコールをガソリンに混ぜている。これをバイオガソリンと呼んでいる。コスモだけでなく石油連盟に加入しているところは足並みをそろえている。含有の割合は現段階では、従来のレギュラーガソリンに植物を原料の一つとするバイオETBEを最大7%程度配合したものとQ&Aに書いてある。京都議定書の達成のために政府が推進している関係からガソリンとの差額(バイオの方が高い)は、国と業者が折半しているため価格には影響がでていないため計算が合わない。

呼吸チョコ (ティラミスチョコレート)

maochoco.jpgyuuka.jpg近所のドラッグストアで、「呼吸チョコ」を買ってきました。小林麻央もBlogで大絶賛!と勝手に宣伝。
ところが彼女のBlogでは昨年2月に大阪土産として紹介されているが、「北新地」「呼吸チョコ」とパッケージに書いてある。それなのに「北新地」の高級なイメージにそぐわない庶民ブランド「まるしげ」の表示が、製造者は、八尾市の株式会社ユウカ まるしげで流通にのせてもらってるのは、「北新地」のロゴが今でもあるのかな?値段が高い。ドラッグストアのディスカウント価格でも399円。今日見つけたのは、「北新地」の表示無。「ユウカ」ブランド。Blogネタとして買ってみましたが、「深いイイはなし」風にいえば・・・確かに美味しいけど「う~ん・・・・」しかし、小林麻央ちゃんにまるしげのお菓子って誰だ? 安く済ませすぎだ!

ヘーメラーの千里眼(上)読破

クラシックシリーズ8ヘーメラーの千里眼完全版(上) 角川文庫

senrigan_c8_1.jpg通常なら1日で読んでしまう千里眼シリーズを一週間かけてようやく読破。続いて下巻に。作者:松岡圭祐の無駄の無い伏線の張り方で上巻の途中からストーリーが見えてきた。本を読みながらいまだに私の岬美由紀のイメージは水野美紀のまま。早く奥田恵梨華版の映像を見たい。

あんかけうどん

あんかけうどん本日のお昼ごはん。「あんかけうどん」おろし生姜をたっぷり入れたので、あったまりました。作ろうとおもったら「片栗粉」が無い。近所のローソンに買いに行きました。うどんは、加ト吉や京醍醐なんかの冷凍うどんが、しっかりしていていいんですが冷蔵庫に普通の袋入りゆでうどんがあったのでそれを使用。しいたけが行方不明で、鶏肉は買い忘れ・・・お揚げもないし。冷蔵庫に残っていたネギとニンジンをいれました。だしは、薄口しょうゆとカツオとこんぶで、最後に火を止めて水溶き片栗粉をいれて完成。BlogにUPする予定ではなかったので、手抜きです。某姫のリクエストでUPしましたが、「あん」でうどんがよく見えないですね。