【映画】「ハッピーフライト」

boeingMainImg.jpg

矢口監督の「ハッピーフライト」を観てきました。結論から先に言うといい意味で予想を裏切られました。おもしろかった。
写真は映画で使われたタイプのボーイング747-400です。映画の撮影は飛行機のセットやモックを使わずANAの全面協力で実機をつかったそうです

anahappy.jpg期待してなかった理由は、「綾瀬はるか」ありきの映画だと思ってたからで、観にいった理由も「綾瀬はるか」と「吹石一恵」と「ANA」が好きだったから。だからストーリーにはなんの期待もしていなかった。JALの「スチュワーデス物語」のANA版位の認識でした。ところがよくできた作品で、機長昇進テストを受ける「田辺誠一さん演じる」副操縦士が、テスト当日のホノルル行きのフライトでトラブルに遭遇し必死の操縦で羽田に引き返して緊急着陸までのCAや地上でサポートしている職員や乗客の物語といえばそれで終わりなんですが、それぞれのANAの職員が安全なフライトのためにどれだけ力を尽くすかというところがうまく描かれていてある意味「ハリウッド映画」みたい。おりしも首都圏を台風が直撃しているさなか落雷で停電になりコンピューターが満足に機能していない状態でコンピューターを使えない定年前のアナログ窓際族のオペレーションディレクター「岸辺一徳」が大活躍する。「岸辺一徳」の演じるオペレーションディレクター「高橋昌治」の部下のディスパッチャー「中島しおり」役の女優さんかかわいい・・・しらべたら「肘井美佳」さんというスターダストの女優さん。 blogはこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA